内定を貰った後の活動

内定を貰っていざ新しい職場に!ってすぐにできれば良いものですが、まずは退職をしなければなりません。
転職活動も大事ですが退職活動もしっかり行うことが重要となります。
退職活動の流れを抑えましょう。

まずは退職の意思表示

退職をしたいと言う意思表示をしなければなりません。
そして注意しなければ行けないポイントも幾つかあるので確認をしましょう。
まずは繁忙期を避けること。
これは分かると思います。
業務の引き継ぎや取引先などの挨拶を考えると意思表示をするのであれば約2ヶ月前位には退職希望日まで余裕を持ちたいところです。
家族とよく話し合うことも大切です。
職場の噂などにもならないようにあまり転職をすることを口に出していうことも避けましょう。
そしてまず上司から意思表示をする順番を間違えないように気をつけましょう。
退職理由などについては仕事の不満にしないことです。
諸事情によりなどと表示をすることが大事です。
転職先なども教える必要はありませんので気をつけましょう。

退職日と入社日を決める

退職をした場合2週間後に雇用関係は解消されますが、いくつか考慮をしなければならないことがあります。
円満に退職をするためにも、一方的な話し合いにはしないで上司としっかり話し合いお互いに納得のいく日に退職をする。
仕事の引き継ぎや入社日などの時間を考慮する。
転職先の受け入れ準備にも時間は掛かるため入社日は基本的には変更をしない。
このような条件を守らなければ円満な退職をすることは難しいでしょう。

退職願を出す

多くの会社では就業規則として退職願を出さなければいけないところがあります。
形式的な書類なので、詳しい退職理由などを明記する必要はありません。
必ず直属の上司に提出をします。
自分の意志を表す書類なので、ていねいに書きましょう。

仕事の引き継ぎと挨拶まわり

退職届が受理をされたら急いで仕事の引き継ぎにとりかからなければなりません。
今までの信頼を失ってしまわないためにも引き継ぎはしっかりしなければなりません。
まずスケジュールを作成します。
大体は退職する3日前には完了するようにします。
次に資料を作成します。
どのように作業を進めていけばいいのかをマニュアル化することにより引き継ぎがしやすくなります。
そして連絡先を伝えることです。
退職後の連絡先を後任者と上司に伝えることで何かあった時に解決することができなくなるからです。
そして次に挨拶まわりをしましょう。
挨拶まわりも会社の意向に沿った形で行いましょう。
後任者もしっかり紹介しましょう。
そして最後にお世話になった取引先に挨拶状などを送りましょう。
これで円満退職をする準備は完了です。