挫けてしまってはいけません。

転職活動や就職活動でもっとも恐ろしいことは途中で挫折を考えてしまうことです。
特に最近では就職氷河期などとも言われていた時代が長かったですし、就職ができないまま仕事が見つからない状態でニートになってしまった人などもいます。
なぜ転職をするのかをまず一度考えてみてください。
家庭の事情や給料などもあると思いますが、自分自身を大切にできる仕事に就きたいと思ったことが大きいと思います。
大企業にしろ中小企業にしろ、自分のことを守ってくれる会社をしっかりと見つけることができるのは転職活動だけだと思います。
求職中というレッテルを貼られるのが嫌だと思ったりするかも知れませんが、自分の人生の中でも中々経験をすることができないことだと考えると前向きな気持ちになることができるでしょう。
なので自分自身を追い詰めたりしてしまうことは辞めてください。
必ず活動をすればするほど良い成果を得られることができるようになりますから。

何がいけないかを考える。

必ず会社に面接を終えた後はどこが良かったか、悪かったのかを思い返してみると今後の就職活動に役に立たせることができるようになるかも知れません。
それは自信にも繋がるはずです。
反省をすることで今後の経験に生かせる場面は自ずと増やしていくことができるようになります。
それは社会であり生活の中でも活用していける場面は増えてくるでしょう。

切り替えを早く

落ちてしまったからと言ってくよくよしている暇なんてありません。
時間が勿体無いからです。
転職、就職活動は大変ですが、会社はいくらでも見つけることができると思います。
地元だったり都心だったり様々かも知れませんが、時間との勝負でもあるのです。